当日は各自、上履きをご持参ください(学校のスリッパは使用できません)。
体幹センタリングアプローチ
動作につなげることができる効果的な体幹アプローチについて学んでいきます。
山本 尚司 先生 (フィジオ運動連鎖アプローチ協会 代表)
【セミナー概要】

「体幹」は解剖学的な視点からだけでは、今日ほど機能的な重要性と結びつくことはありませんでした。元来、腰痛予防や腹圧という観点から腹筋と背筋の必要性が論じられており、あくまで筋力という視点でした。体幹における「stability」というこの新たなキーワードは、腰痛のメカニズムである不安定性に対して提言された「固定」という概念です。そして現代においては、身体運動に対する「安定=ぶれない体幹」として、確固たる地位を獲得するに至っています。
 しかしながら、スポーツ現場での結果が先行している反面、その本当のメカニズムについては明らかにされていません。医療と介護現場に巷で流行っているコンセプトを参考にはしてもそのまま導入することは危険であり、医療従事者としての理論武装が必要です。
 今セミナーにおいては、「センタリング」という新たな概念を用いることで、何故それが必要なのかを説明できる実践者としてのスキルを身につけていくことを目的とします。
開催日 2016年2月14日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 東京都
東京リハビリテーション専門学校
東京都江戸川区中央1丁目8番21号
https://goo.gl/9TJoIy
最寄駅:新小岩駅(JR総武線)
定員 46 名  残り3席!
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 7%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
備考 ・当日は以下のものをご持参ください
 ①動きやすい服装
 ②上履き(会場は土足厳禁です)
 ③バインダー(あると便利です)
申込締切 2016年2月12日 15:00
山本 尚司 先生
理学療法士 (フィジオ運動連鎖アプローチ協会 代表)
【経歴】
昭和43年(1968年) 兵庫県出身 B型 水瓶座
平成2年   都立医療技術短大理学療法学科卒業。慈恵医大病院リハビリテーション科
平成4年   相模原協同病院理学療法室 スポーツ現場でトレーナー活動、バレーボール・陸上競技・体操競技
平成5年   カイロプラクティック・整体治療、咬み合わせと全身バランスについて研鑽
平成9年   鍼灸・按摩・マッサージ指圧師 免許取得
平成11年 永生病院リハビリテーション科 勤務
平成14年 保健衛生学士 取得
平成15年 運動連鎖アプローチ研究会 発足
平成19年 都立大学理学研究科身体運動科学専攻 理学修士
平成19年9月 運動連鎖アプローチ研究所設立。健康運動指導士 取得
平成21年~22年 GYROTONIC®, GYROKINESIS®認定トレーナー・セロトニントレーナー認定
平成23年3月 東日本大震災 石巻市・南相馬市などにてボランティア活動
平成24年4月 公益社団法人 日本理学療法士協会理事。一般社団法人フィジオ運動連鎖アプローチ協会設立。

現在、リハビリテーションを理念に日本の復興と活力を世界基準にて発信していくために日々活動中!
受付終了しました。ありがとうございました。