肩関節の機能解剖から治療に繋げる
高濱 照 先生 (九州中央リハビリテーション学院)
肩関節の基礎については、①肩関節の構造を知っている、②肩関節が動いた時の骨頭と臼蓋の位置関係がイメージできる、③ランドマークや腱板の触診ができる、の3点であろうと思います。
講習内容としては、この基礎の3点の習得が主となります。前半は肩関節を動かしたとき②の骨頭と臼蓋の位置関係をどうやってイメージするかについて、例を挙げながらお伝えしていこうと思います。
後半は骨のランドマークや肩周囲筋群の触診を行います。さらに触診だけでなく痛みに対するアプローチとして徒手による圧迫法をデモまたは受講生同士でやりながら練習していただこうと思っています。他に揉捏法も少し行って手技の要点をお伝えします。
徒手療法は長年の経験による手の感覚や力加減が必要ですが、この講習である程度理解・習得することによって、臨床に戻られてから練習を積み、習熟度を増していただけるものと思います。
【タイムテーブル(予定)】
 [午前]
1)肩関節の回旋について:回旋の特徴(特に大結節の位置が重要)
2)肩関節の解剖:実際の解剖画像と動画を用いて、滑液包、臼蓋上腕靭帯、腱板など
3)肩のランドマークの触診:肩峰角、肩甲棘三角、下角、烏口突起、大・小結節(重要)
4)肩関節のイメージの練習(重要):外転の正体(Neerはなぜ肩峰下インピンジメントという間違いをおこしたのか)、屈曲の正体など
5)関節内インピンジメント(正常)の動画による確認(レイトコッキングで起こる。因みにレイトコッキング(最大外旋期)は外旋ではない)
[午後]
6)運動痛における発痛部位の探索の仕方(整形外科テスト法の欠点)
7)棘上筋の触診:鎖骨下を除く他の部分の触診の仕方、解剖動画による確認
8)上腕三頭筋長頭の触診:長頭が肩峰下インピンジメントを起こす可能性
9)肩甲下筋の触診(下部線維のみ)
10)僧帽筋中部線維の触診(肩甲骨の引き離し、肩甲胸郭関節の解剖を含む)
11)小円筋の触診:野球選手の投球側内旋制限の原因は小円筋のスパズムである
12)水平内転の可動域改善の仕方
13)肩甲下筋の烏口突起下での触り方(肩甲下滑液包のストレッチを兼ねる)
14)時間があれば運動連鎖について:打撃動作は打撃動作ではなくその前のテイクバックで決まる。
開催日 2018年11月11日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 東京都
NATULUCK飯田橋東口駅前店
東京都千代田区飯田橋4−8−6 日産ビル
http://bit.ly/2s9yO5G
4階B会議室が会場となります。
定員 40 名
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
備考 Tシャツなど肩を触りやすい服装、ヨガマットまたはバスタオルをご用意下さい。
申込締切 2018年11月9日 9:30
高濱 照 先生
理学療法士 (九州中央リハビリテーション学院)
【経歴】
昭和60年3月 西日本リハビリテーション学院 卒業
同年   4月 信原病院 就職
昭和63年3月 信原病院 退職
同年   4月 西日本リハビリテーション学院 就職
平成18年3月 西日本リハビリテーション学院 退職
同年   4月 九州中央リハビリテーション学院 就職
現在      九州中央リハビリテーション学院 副学院長

【業績】
①肩関節に関する学会発表および著書多数
②平成3年より理学療法士講習会ー肩関節の機能解剖と理学療法ー講師
③平成21年ー日本理学療法士協会 協会賞受賞
  ④平成22年ー専門理学療法士(運動器)認定
⑤平成23年ー第1回アジア肩肘セラピスト学会学会長
⑥平成30年ー日本肩関節理学療法研究会会長
受付終了しました。ありがとうございました。