(少人数で徹底指導!)片麻痺者へのハンズオンセラピー~立位・歩行へ向けて~
藤井 誉行 先生 (合同会社ニューロフィジオ湘南 代表)
脳血管障害などにより、片麻痺となった方々にとって歩行はとても重要な課題です。
セラピストも対象者も歩行獲得に向けて懸命に努力しますが、対象者の歩行をどの様に捉えて治療していくか悩むセラピストは非常に多い印象があります。
今回のセミナーでは目の前の対象者の問題をどの様に捉えていくかの視点に始まり、対象者との感覚情報を介したやりとりを大切にしたハンドリング、立位歩行を構成する要素など実技に重点を置いた内容をお伝えしたいと考えております。
少人数制でしっかり実技指導してまいります。
開催日 2018年7月22日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 東京都
タワーホール船堀
東京都江戸川区船堀4-1-1
http://www.towerhall.jp/4access/access.html
303会議室が会場となります。
定員 25 名  残り8席!
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
申込締切 2018年7月15日 16:00
藤井 誉行 先生
理学療法士 (合同会社ニューロフィジオ湘南 代表)
神奈川県総合リハビリテーションセンターの七沢リハビリテーション病院脳血管センターと神奈川リハビリテーション病院にて脳血管障害や骨関節疾患を中心に20数年の臨床経験。同時に神経リハビリテーションの一翼を担うボバースアプローチに強い感銘を受け、ボバースセラピストとしてトレーニングを継続。現在ボバース地域研修協力員としてインフォメーションコースや神奈川ボバース研究会などを中心に活動。姿勢と運動を神経学的&運動学的に捉えたセラピーでアスリートや一般の方、障がいをお持ちの方まで痛み無く効率のよい運動を目指すことを得意としている。

【経歴】
平成3年:東京衛生学園リハビリテーション学科卒業
平成3年~平成27年7月:神奈川県総合リハビリテーション事業団(七沢リハビリテーション病院脳血管センター、神奈川リハビリテーション病院)
平成26年:国際医療福祉大学 非常勤講師
平成27年8月:合同会社ニューロフィジオ湘南(Fリハビリテーション平塚 代表)
現在に至る

【活動】
日本ボバース講師会議 地域研修協力員

【著書】
臨床実践 動きのとらえかた 山岸茂則編