中枢神経疾患片麻痺患者の起居動作獲得に向けたアプローチ
北山 哲也 先生 (山梨リハビリテーション病院)
脳梗塞片麻痺患者の「寝返り」「起き上がり」「立ち上がり」「座る」などの起居動作を獲得する為に基礎的な解剖学・運動学・神経生理学などを基に姿勢・動作分析を行いながら学習します。
起居動作の構成要素を学び、様々な視点からの知識・技術を習得し、実用的な動作に応用できることを目的としています。
徒手的誘導を行う際に自分の身体の使い方やどのようなことを手から感じなければならないのかということを実技練習なども多く取り入れて行います。
開催日 2018年4月28日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 22:30 )
会場 東京都
タワーホール船堀
東京都江戸川区船堀4-1-1
http://www.towerhall.jp/4access/access.html
定員 40 名
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
申込締切 2018年4月27日 16:00
北山 哲也 先生
理学療法士 (山梨リハビリテーション病院)
【講師略歴】

 東京衛生学園専門学校卒業後、山梨温泉病院(現:山梨リハ)1997年4月入社~2016年10月現在
山梨リハビリテーション病院 リハビリテーション部 理学療法課 課長
ボバース法 国際基礎講習会インストラクター
日本理学療法士協会 神経系専門理学療法士
日本理学療法士協会 脳卒中認定理学療法士
日本理学療法士協会 神経理学療法学会運営幹事
山梨県理学療法士会 生涯学習局長(理事)
福祉住環境コーディネーター2級
障害者スポーツ専門指導員初級
回復期セラピストマネージャー
受付終了しました。ありがとうございました。