【実技】運動器のなぜがわかる膝関節セミナー
工藤 慎太郎 先生 (森ノ宮医療大学保健医療学部 理学療法学科 講師)
【セミナー内容】
 膝関節の解剖学と運動学に基づいた理学療法について学びます.
とくに,膝関節内側部の触診,腓腹筋内側頭と半膜様筋の徒手療法,腓腹筋内側頭に対する運動療法について実技を含めて実施します.
変形性膝関節症の保存療法や術後の理学療法で中心になる疼痛に対する理学療法評価と運動療法ができるようになります.とりわけ,理学療法評価の過程を3つに分解して,評価思考過程を身に付けてもらいます.
開催日 2017年10月15日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 愛知県
愛知県青年会館
愛知県愛知県名古屋市中区栄1-18-8
http://www.aichi-seinenkaikan.or.jp
2階 第7会議室
定員 40 名
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
備考 膝関節の露出できる格好でご参加ください。
ヨガマット(またはバスタオル)をご持参ください。
申込締切 2017年10月13日 23:30
工藤 慎太郎 先生
理学療法士/博士(医療科学)/基礎系専門理学療法士 (森ノ宮医療大学保健医療学部 理学療法学科 講師)
専門分野
足部のバイオメカニクス,運動器疾患の応用解剖学,客観的動作分析に基づく運動療法の開発

所属学会
日本理学療法士学会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本足の外科学会、コ・メディカル形態・機能学会、理学療法科学会、臨床歩行分析研究会、International Society of Posture and Gait Research.

学歴
2003年 平成医療専門学院 理学療法学科
(現・平成医療短期大学 理学療法学科)卒業
2011年 鈴鹿医療科学大学大学院医療科学研究科医療科学専攻 修士課程入学
2013年 鈴鹿医療科学大学大学院医療科学研究科医療科学専攻 修士課程修了
2013年 鈴鹿医療科学大学大学院医療科学研究科医療科学専攻 博士後期課程入学
2015年 鈴鹿医療科学大学大学院医療科学研究科医療科学専攻 博士後期課程修了

職歴
2003~2005年 井戸田整形外科リハビリテーション科
2005~2011年 愛知医科大学医学部研究員
2005~2014年 国際医学技術専門学校理学療法学科 教員
2014年~    森ノ宮医療大学保健医療学部理学療法学科講師
        森ノ宮医療大学大学院保健医療学研究科講師
2015年~   森ノ宮医療大学卒後教育センター副センター長兼務

資格・等
2003年 理学療法士免許取得
2012年 O.G.I.G(Observational Gait Instructor Group)Advaced class修了
2014年 基礎系専門理学療法士 取得
編著に『運動器疾患の「なぜ?」がわかる臨床解剖学』『運動療法の「なぜ?」がわかる超音波解剖』(いずれも医学書院)がある。
受付終了しました。ありがとうございました。