【実技】肩関節に対するMCPの実際
祝 広孝 先生 (曽我病院)
【セミナー概要】
MCP(Muscle Conditioning using Palpation:触察技術を用いた筋コンディショニング)は解剖学的情報をもとに、目的とする効果によって刺激部位を選定、刺激することで筋機能の正常化が得られるコンディショニングテクニックです。
従来のストレッチング等に比べ、関節運動を必要とせず、低刺激で瞬時に効果が得られるMCPは医療現場だけでなく、スポーツ選手のコンディショニング場面など様々な現場で評価を頂いています。またその即時性に加え、各筋に対して個別に刺激を行うことが可能なことから、評価場面で用いれば短時間で問題の原因となっている筋の特定が出来るなど、臨床推論を立てる上でも非常に有用です。
今回は肩関節運動の解剖学的解釈や上肢及び頚部の筋群へのMCPを学んでいただきながら、肩関節へのアプローチを身に付けていただきたいと思います。

【タイムスケジュール】
午前:講義 ①MCPについての講義及び骨格筋に視点をおいた関節機能異常の捉え方
      ②肩関節運動について
午後:実技 肩関節運動に対するMCP
開催日 2017年9月17日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 東京都
東京リハビリテーション専門学校
東京都江戸川区中央1丁目8番21号
https://goo.gl/9TJoIy
5階講堂が会場となります。
定員 40 名
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
申込締切 2017年9月15日 12:00
祝 広孝 先生
理学療法士 (曽我病院)
一般病院で臨床に携わる傍、体表解剖学研究会の講師としても活動している理学療法士。
触察技術を用いた筋コンディショニング技術「Muscle Conditioning using Palpation(MCP)」を提唱し、近年では技術の普及を目的として全国を講演で飛び回る。
丁寧で分かりやすい講義と、的確は触察技術から展開される治療技術は高く評価されており、開催するセミナーの満足度はいつも100%!!
触察技術を臨床に落とし込んで教えてくれる、数少ない理学療法士である。
受付終了しました。ありがとうございました。