脳卒中による脳のシステム障害とアプローチ
吉尾 雅春 先生 (千里リハビリテーション病院)
現象の受け止め方や障害の理解はセラピストによって千差万別、現象の分析は必ずしも客観的とは言えません。
そこに脳の画像が加わることでかなりのことが見えてきます。
基底核ネットワーク、小脳ネットワーク、視覚経路をはじめとする高次脳機能系、
姿勢制御系等、脳をシステムとして捉えると、いろいろなことに気づきます。
現象の観察で気づかなかったことも、つまずいている脳のシステム障害の理解も、
これからの可能性も、アプローチの仕方も、です。細かい、難しい話をするつもりはありません。

セラピストとして、このくらいは理解しながら中枢神経疾患に関わって欲しい、と
思っていることを具体例を通しながらお話しします。
開催日 2017年8月20日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 東京都
臨床福祉専門学校
東京都江東区塩浜2-22-10
http://www.rinsho.jp/school/access.php
別館6階 講堂
定員 80 名
価格 8,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
申込締切 2017年8月19日 6:00
吉尾 雅春 先生
理学療法士 (千里リハビリテーション病院)
1974 年 九州リハビリテーション大学校理学療法学科を卒業後、中国労災病院勤務。その後兵庫・大阪の病院で理学療法士として勤務
1988 年~1995 年 兵庫医科大学第一生理学教室研究生
1994 年 札幌医科大学保健医療学部講師
1994 年 大阪学院大学商学部卒業
1995 年~2006 年 札幌医科大学解剖学第二講座研究員
2002 年に博士(医学)の学位を取得
2003 年 同大学教授
2006 年より千里リハビリテーション病院副院長に就任
<関連書籍>
脳卒中理学療法の理論と技術
受付終了しました。ありがとうございました。