【実技】臨床に多い腰痛を絡んだ殿部痛について
昨年も満員となりました赤羽根先生による腰痛セミナー!!
赤羽根 良和 先生 (さとう整形外科)
腰痛疾患の多くは、非特異的腰痛とされ原因が特定出来ない。
その中で多くの病態を占めるのが、椎間関節性障害と仙腸関節性障害である。

臨床の中で腰痛疾患を診ていくと、そのほとんどが臀部痛を合併しており、腰痛と臀部痛は同時に認めるのが特徴である。
つまり、腰痛をきちっと治すには、臀部痛も治さねばならない。

臀部痛の原因は、仙腸関節周辺の障害であり、ここに付着する組織の柔軟性獲得は症状回復に重要となる。
当日は仙腸関節を含む解剖と機能解剖から説明し、所見の取り方から治療まで行います。

開催日 2017年6月25日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 大阪府
森ノ宮医療学園専門学校
大阪府大阪市東成区中本4丁目1-8
http://www.morinomiya.ac.jp/
定員 40 名
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
備考 準備するもの
・動きやすい服装(Tシャツなど)
・バインダー(あれば実技の際便利です)
申込締切 2017年6月23日 15:00
赤羽根 良和 先生
理学療法士 (さとう整形外科)
【経歴】
平成11年:吉田整形外科病院 入職
平成21年:さとう整形外科 入職

【受賞歴】
第22回 理学療法ジャーナル賞 受賞論文 入賞
第24回 理学療法ジャーナル賞 受賞論文 入賞
その他、学会発表、論文など多くあり。

【関連書籍】
肩関節拘縮の評価と運動療法