【コラボ講義】歩行のバイオメカニクスと治療アプローチ
山本 澄子 先生と石井 慎一郎 先生による豪華コラボセミナーです☆★
山本 澄子 先生 (国際医療福祉大学大学院)
石井 慎一郎 先生 (神奈川県立保健福祉大学)
【セミナー紹介】

進化の過程で二足直立歩行を獲得したヒトにとって、歩くことはヒトらしく生きる上で必要不可欠な機能です。
しかし、病気や怪我などによって機能障害を呈すると、途端に二足直立歩行を維持することが難しくなりますがそれはなぜでしょうか??

そんな疑問を解決してくれるヒントが〝バイオメカニクス〟という学問にあります。歩行獲得に向けて治療介入を行う私たちセラピストにとって、歩行のバイオメカニクスの理解は必要不可欠です。

そこで今回は、バイオメカニクスの分野の第一人者である山本 澄子 先生(国際医療福祉大学大学院)と石井 慎一郎 先生(神奈川県立保健福祉大学)をお招きして『歩行のバイオメカニクス』にフォーカスした研修会を企画しました。

歩行のバイオメカニクス的特徴から具体的な治療アプローチまで1日で学ぶことのできる内容となっています。歩行へのアプローチで難渋している方には大変参考になる内容となっていますので、この機会に是非ご参加ください。

【タイムスケジュール】

9時30分:受付開始

10時〜12時
 『歩行のバイオメカニクス』
 講師:山本 澄子 先生(国際医療福祉大学大学院)

12時〜13時:昼休憩

13時〜16時
 『歩行に対する治療アプローチ』
 講師:石井 慎一郎 先生(神奈川県立保健福祉大学)
開催日 2017年5月21日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 東京都
江戸川区総合文化センター
東京都江戸川区中央4-14-1
http://edogawa-bunkacenter.jp/map/
研修室が会場となります。
定員 120 名  残り7席!
価格 8,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
備考 ・講義中心のセミナーとなります。
申込締切 2017年5月20日 0:00
山本 澄子 先生
工学博士 (国際医療福祉大学大学院)
【経歴】
慶応義塾大学大学院工学研究科修了。東京都補装具研究所研究員、東京都福祉機器総合センター主任技術員を経て、1998年東北大学大学院医学系研究科助手、講師、助教授。2001年より現職。

【専門分野】
動作分析 バイオメカニクス

【研究テーマ】
片麻痺者の動作分析 下肢装具の開発と適応評価
石井 慎一郎 先生
理学療法士 (神奈川県立保健福祉大学)
大学教授として教鞭を執る傍ら、週末はセミナー講師として全国を飛び回る。最近では、教え子達とともに風の谷プロジェクトを立ち上げ、活動の幅を広げている。
<関連書籍>
動作分析 臨床活用講座―バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践
基礎バイオメカニクス
受付終了しました。ありがとうございました。