【実技】肩関節の運動機能と評価
元読売巨人軍トレーナーの千葉先生によるセミナーです☆★
千葉 慎一 先生 (昭和大学病院)
【セミナー内容】
 肩関節運動は複数の関節の共同作業であるため、ある一部の関節に機能障害が認められた場合でも、他の関節が低下した機能を代償または保障するため見かけ上は正常時と同じように肩関節運動を遂行することが出来ます。しかし、代償や補償を強いられた関節には徐々にストレスが蓄積し、本人でも気が付かないうちに障害を招いてしまう厄介な関節でもあります。このように肩関節の運動は複雑である故に治療が困難だと感じてしまいがちです。しかし、肩関節運動の特徴を理解しながら順序よく観察、評価することで問題を整理することが出来ます。今回は肩関節に対する評価の一連の流れを実技を中心にご紹介したいと思います。

【到達目標】
 肩関節の運動が全身運動であることを理解する。

【事前課題】
 肩関節の解剖

【参考図書】
 「肩関節の評価と治療」:運動と医学の出版社:電子ジャーナル

【タイムテーブル】
午前:肩関節の運動機能(座学と実技)
午後:肩関節の評価(座学と実技)
開催日 2017年5月14日 10:00 〜 16:00 (受付開始: 9:30 )
会場 愛知県
imyホール・会議室
愛知県名古屋市東区葵3-7-14
http://kaigi-nagoya.com/access.html
6階の第2会議室が会場となります
定員 40 名  残り1席!
価格 10,000 円(税込み)
ポイント 5%  ※ポイントはセミナー受講後に付与します
備考 【持参物について】
 各自、ヨガマット(またはバスタオル)をご持参ください。
申込締切 2017年5月12日 15:00
千葉 慎一 先生
理学療法士 (昭和大学病院)
読売巨人軍で専属トレーナーを務めたことがある理学療法士。肩関節疾患の理学療法を専門としており、一般からスポーツ選手まで幅広く肩関節疾患を診ている。
また、肩関節についての講演・執筆・研究など多数あり。全国的に活躍しているセラピストである。
<略歴>
平成元年3月 岩手リハビリテーション学院卒業
同年4月   盛岡つなぎ温泉病院入職
平成4年4月 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院入職
平成7年2月 読売巨人軍入職(トレーナー部)
平成10年4月 昭和大学藤が丘リハビリテーション病院入職
平成27年4月 昭和大学病院へ異動 現在に至る
受付終了しました。ありがとうございました。